ごあいさつ

世界トップレベルの治療を取り入れ、日本の歯科医療を本気で変えたい。グローバルスタンダードを根付かせ、歯の意識変革も目指す。

医療法人 翼翔会 理事長 安岡 大志

近年、医療や科学は躍進的に進歩し、「Cure」(治療)から「Care」(予防)の時代へと世界の医療環境は大きく変わっています。しかし、日本の歯科医師の多くは理想の医療を目指してより良い治療提案を描きながらも、戦後制定された保険診療の限界に直面しジレンマを抱えています。

保険診療は安い治療費で医療を受けられますが、新しい技術や素材、予防治療には適用されません。インプラントや審美治療、THPをはじめ、近年開発され臨床実績もある世界トップレベルのグローバルスタンダードな治療は、安全性・審美性ともに優れ、歯や体の負担が少ないと分かっていても、保険診療適応外のため日本では敬遠されています。約50年前から変わらないと言われる治療で満足している日本人のデンタルIQ(歯の知識)は残念ながら赤点。永久歯は1度失うと2度ととり戻せないことから、もっと真剣に歯の健康に向き合うべきだと思っています。

私たちは歯科診療のグローバルスタンダードを広く一般まで根付かせることで、日本の歯科医療をより良いものへ変えていきたいと本気で考えています。それは患者様へ常に世界のトップレベルの技術と知識を提供したいからであり、今後の歯科医療を担う若い世代が夢と誇りを持って働く道であると信じています。

安岡理事長プロフィール

私は歯科医1年目早々、歯科医療の現場レベルの低さに失望し、落ち込んだ時期がありました。
その時に思い悩んだ末、ひとりの歯科医として本気で上手くなりたいと決意しました。
以来仕事の合間を縫って国内外を問わず様々な講習や勉強会に精力的に参加しています。
人生は1度きりしかありません。そして、治療は毎回が真剣勝負です。
常に世界のトップレベルの最先端の技術と知識を学び、患者様のお役に立ちたいと思っています。

  1. 2001年
    1. 大阪歯科大学卒業
    2. ノースカロライナ大学歯科保存学講座(University of North Carolina Department of Endodontics) 修了
      ※いつまでも自分の歯で噛めるよう、歯を維持・保存させていくことを目的とした歯科の一分野、歯科保存学の講座を学ぶ
  2. 2002年
    1. プロフェッショナルマシニカルトゥースクリーニング(PMTC:Professional Mechanical Tooth Cleaning) 修了
      ※歯科医師や歯科衛生士による専用機器を用いた歯のクリーニングを研修
    2. インテグレーションオブオーラルヘルスアンドプライマリケアプラクティス(Integration of Oral Health and Primary Care Practice) 修了
      ※プライマリケアにおける口腔ケアの実践テクニックを学ぶ
  3. 2003年
    1. ノーベル・バイオケア社(Nobel Biocare社) インプラント ブローネンマルクシステム 修了
      ※インプラントの世界トップシェアを誇るスウェーデン「ノーベル・バイオケア社」のインプラントベーシックコース(ブローネンマルクシステムの臨床導入)を受講
  4. 2004年
    1. SJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)ベーシックコース 修了
      ※現代歯科医療のグローバルスタンダードを追求する日本最大級のスタディグループ「SJCD」によるベーシックコースを受講。歯周と補綴に関する基本的な知識と技術の習得
    2. DHA(Dental Health Associates)岩田健男先生 補綴臨床セミナー 修了
      ※相田化学工業株式会社が運営する歯科合同研修場「DHA」による東小金井歯科(東京)の岩田健男先生の補綴臨床セミナーを受講
    3. ジアズクラブ研究会(JIADS:The Japan Institute for Advanced Dental Studies)歯周再生治療コース 修了
      ※歯科再生医療の安全について世界的視野で技術の追求する研修機関「ジアズクラブ研究会」による歯周再生治療コース(骨・セメント質の基礎の講座、模型やエムドゲインゲルの実習など)を受講
    4. ノーベル・バイオケア社(Nobel Biocare社)リプレースセレクトインプラントコース 修了
      インプラントの世界トップシェアを誇るスウェーデン「ノーベル・バイオケア社」のインプラントのコースのひとつ、リプレースセレクトインプラントコースを受講
  5. 2005年
    1. SJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)マスターコース 修了
      ※現代歯科医療のグローバルスタンダードを追求する日本最大級のスタディグループ「SJCD」によるマスターコースを受講。補綴治療、包括的治療計画、審美歯科・修復、咬合、インプラント等の知識を習得
  6. 2006年
    1. 日本口腔インプラント学会認定医療成講座(2006年度) 修了
      ※口腔インプラント学の振興・向上を推進する「日本口腔インプラント学会」による2006年度の認定医療成講座を受講
  7. 2007年
    1. 安岡デンタルオフィス開院(大阪・江坂)
    2. 大阪歯科大学細菌学講座入局(9月~)
      ※約20年前から歯周病原細菌を主体に、その病原メカニズムについて研究している細菌学講座にて研究
  8. 2010年
    1. ISO(International Soceity of Osseointegration)会員
      ※米国の技術習得を中心にインプラントのスキルアップを目指すスタディグループの会員となる
    2. ICOI(International Congress of Oral Implantologists)国際認定医(Fellowship)
      ※インプラントの国際的な教育機関「ICOI」が、インプラント治療において一定の知識・技術を有し、適切な診断と治療を行うことのできると認定したインプラント専門医。各国の資格審査委員会により、面接・症例発表・筆記試験等の厳正な審査を受けて認定される
  9. 2011年
    1. 南カリフォルニア大学(USC:University of Southern California)客員研究員 就任
    2. カムログ(camlog)インプラント インストラクター 就任
      ※インプラントで世界各国から高い評価を受けるドイツ製造拠点の「カムログ社」が公認するインプラントインストラクターとなる
  10. 2013年
    1. ICOI(International Congress of Oral Implantologists)指導医
      ※「ICOI」が認定する指導医。ICOIの認定医で、インプラント症例(外科処置のみを行っている場合は60症例で200本以上のインプラント体埋入症例)提出などの各種規程を満たし、筆記試験を受験。合格後、指導医に認定される。
    2. JAID(Japanese Academy for International Dentistry)Certificate of Appreciation 授与
      ※海外CEコースを修了した歯科医師が中心に結成された学会「JAID」から感謝状(Certificate of Appreciation)を受ける
    3. MID-G(Management Institute for Dental General Practitioner)ペン・ハーバードコース 修了
      ※全国の歯科医院の学術と経営をサポートする「MID-G」によるコースのひとつ。米国のハーバード大学(ボストン)とペンシルバニア大学(フィラデルフィア)で、海外の講師陣の講義を受講し、最先端の技術を肌に感じながら、全国の歯科医と交流を深める
  11. 2014年
    1. アメリカインプラント学会(AAID:American Academy of Implant Dentistry)Korea MaxiCourses® 5th session 修了
      ※世界的に有名な大学教授、インプラント歯科、臨床医による講義やライブ外科のデモンストレーションなどを受けるインプラントの総合的な研修プログラム。毎月1回、計10回にわたって300時間から構成される。現在5回目までが終了
    2. The Dawson Academy

【所属団体】

大阪SJCD
臨床歯科医学の基礎の確立、最新技術の習得・研鑽、医術の向上、医療人として人格形成に努力し、顎口腔系を通じて国民の健康管理に寄与することを目的としている歯科のスタディーグループ
一般財団法人 野口英世医学研究所 歯科部会 役職 理事
医学者・野口英世博士の業績を記念し日米医学交流の促進を目的に米国・フィラデルフィアで設立された米国財団法人
日本口腔インプラント学会
日本の口腔インプラント学の振興・向上を推進するため、「日本歯科インプラント学会」と「日本デンタルインプラント研究学会」が合併して発足した学会
臨床器材研究所
歯科材料・器械の研究を集学的に行う研究所。日本口腔インプラント学会指定の研修施設でもあり、専門医申請に必要な100時間にわたる講習会を毎年開催
MMR
大阪SJCDの相談役・小林守先生を中心に設立されたスタディーグループ
歯庵
大阪歯科大学で1月12月を除く毎月、テーマ発表や論文抄読、症例検討などを開催しているスタディグループ
Family Dentist
日本家庭歯科医療研究会