デンタルIQ向上に向けて

カウンセリング・インフォームドコンセント

歯医者は「痛い」「怖い」と想像するのは日本人だけ?日本人の歯に対する意識を変革したいと本気で考えています。

私たちは大切に考えるカウンセリングとインフォームドコンセントを通して、
正しい歯の知識を普及し、日本人の歯に対する意識を根本から変えるつもりです。

日本人はひと昔前の治療法を疑問に思わず、
80歳の残存歯数はスウェーデンの1/3。

グローバルスタンダードの歯科医療は、治療から予防の時代へと移り変わっています。しかし、日本では虫歯になってから歯医者へ行くひと昔遅れの治療が主流で、80歳の残存歯数は予防歯科の先進国であるスウェーデンの約1/3ほどしかないと言われています。
なぜこれほど差が開いたのでしょうか?西欧諸国を中心に海外では、歯の正しい知識を学校や家庭、歯医者から教育されています。しかし、日本では歯の教育がほとんどなされていないため「デンタルIQ」(歯の知識)が低く、「デンタルリテラシー」(歯科治療に関する情報やサービス調べ、効果的に使いこなして健康的な歯へ導く能力)も乏しいと言わざるをえません。では誰が教育をするのでしょうか?それは歯のプロである私たちでしょう。特に私たちは、インプラントやTHPなどグローバルスタンダードに基づいた世界トップレベルの自由診療を積極的に取り入れています。
それらの最新の知識やグローバルスタンダードの考え方は、院内の勉強会や研修で、歯科医や歯科衛生士はもちろん、助手や受付までしっかりと行き渡っています。そして、カウンセリングやインフォームドコンセントを通して、患者様へも正しい知識を伝えています。すべては患者様の歯の健康を思うからなのです。

カウンセリングとインフォームドコンセントを重視している理由。

治療に訪れた患者様から、「どうしてカウンセリングが必要なの?」とよく尋ねられます。確かに歯の治療前に別室でカウンセリングをする歯医者はあまりないでしょう。しかし、私たちは絶対必要と考えています。カウンセリングでは「虫歯を治療したい」「歯を白くしたい」という直接的な要望にとどまらず、「結婚して幸せになりたい」「仕事で成功したい」等のゴールや最終目標まで聞き出したいからです。
そして、歯の治療はそのための手段と考え、実現のために最大限の力で治療に取り組んでいます。一方、治療には様々な方法があります。歯を失った場合、インプラント・ブリッジ・入れ歯が主な治療法としてあげられますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。その内容を患者様が理解するまでとことん説明し、納得して治療法を決断していただくのがインフォームドコンセントです。
患部をただ治すのではなく、納得して治療に臨み、ゴールや最終目標を叶えて豊かな人生が切り開けるよう、私たちはカウンセリングとインフォームドコンセントを大切にしています。

カウンセリングは担当制。
じっくり話を聞かせていただきます。

私たちはカウンセリングを担当制にしています。デリケートな悩みや将来についても話しやすくするためです。歯科医では萎縮して聞きずらいことも気さくに話せるでしょう。
初診では個人差はありますが約30分かけて丁寧にカウンセリングを行っています。検査後はその結果をもとに、現在の口内の状態、過去にさかのぼって気になる症状の原因、将来可能は治療法や理想の口内環境を詳しく伝え、さらに細かくカウンセリングを重ねます。
歯を治療することで最終的にどうなりたいのか、ぜひ気持ちをぶつけてください。

歯は1度削ると2度と戻らない。
歯の健康と治療を本気で考えてほしい。

虫歯1本の治療といっても選択肢は複数あります。安さで選ぶなら保険治療ですが、患部が前歯なら笑顔を守るためにセラミックの白い歯を提案します。原因に歯並びが関与するなら治療に矯正も加え、虫歯になりにくく見た目も美しい口内環境に整えることをおすすめします。歯科は病院とは異なり生きるか死ぬかの際どい治療はありませんが、歯の治療によってその後の人生に影響を与えます。単なる虫歯の治療と安易に考えず、ぜひ歯の健康について真剣に考え、ひたむきな気持ちで治療に臨んでほしいと思っています。
歯は爪とは異なり、1度削ったり抜いてしまったら2度と再生することはありません。腕や足を切断することと同じくらい大切なのです。私たちも持てるすべての力で患者様に真摯に対応いたします。虫歯を長年放置していた患者様もあきらめないでください。歯の健康を取り戻したいと真剣に治療を考えているなら、インプラントや審美など世界トップレベルの治療を駆使し、口内全体を再構築(フルマウスリコンストラクション)することも可能です。常に患者様の幸せを第一に考えて、渾身の力で治療をさせていただきます。

日本人のデンタルIQは赤点。
正しい歯の知識を広めることでも歯を守りたい。

THPは私たちが主流として取り組みたいグローバルスタンダードな予防治療です。メインとなる細菌の除菌に注目されがちですが、歯科での定期的なメンテナンスに加えて、家庭での日常生活の改善が欠かせません。しかしながら、約50年前から続く保険診療をいまだに常識と考えている日本人のデンタルIQ(歯の知識)は、グローバルスタンダードでは赤点です。
たとえば、歯磨きやフロスで虫歯や歯周病が予防できると考えている日本人は多いでしょう。歯科医療の先進国である西欧では、学校や家庭で歯の正しい知識を当たり前のように学べますが、日本では学ぶところがありません。日本の歯科大学においても保険診療がベースのため、グローバルスタンダードな歯の正しい知識が学べていません。
私たちは患者様を第一に考え、コミュニケーションも重視しています。治療やメンテナンスの来院時に、グローバルスタンダードな歯の正しい知識を伝えることでも患者様の歯の健康を守りたいと思っています。歯の健康は日常の生活習慣にも密着しているからです。日本の従来の常識を払拭し、広く一般に正しい知識を普及していくことは大きな使命のひとつだと私たちは強く感じています。

親は子どもの手本。
正しい歯の知識と予防治療の重要性を家庭内で伝えてほしい。

虫歯や歯周病は、家族の病気と言われています。赤ちゃんの口内環境は無菌状態で生まれますが、食事などで親から子どもへ虫歯と歯周病を促す細菌が感染していくからです。
子どもの治療を優先したいという親がよくいらっしゃいますが、まずは親から口内環境を整え、治療後も定期的な検診とメンテナンスにお越し下さい。そうすることで家庭内の感染リスクが抑えられるうえ、子どもは親を見て育つと言われる通り、自主的に歯の健康について考えて予防するようになるでしょう。どうぞ来院時に得た歯の正しい知識や予防治療の重要性を子どもたちに伝えて下さい。